人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

GA-ASI、海上保安庁向けに遠隔操縦無人機の飛行実証を日本にて実施。

YBC01 SIO MQ-9 N190TC

 

 

捜索救助や災害対応活動など、 広域の海洋監視が伴う海上保安庁の業務において、無人機の実用性の検証を9月中旬に開始。

 

 

2020年7月7日 – 遠隔操縦無人機(RPA)システムの大手メーカー、 米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社は、 航空測量事業を行うアジア航測株式会社と提携し、 海上保安庁向けに遠隔操縦無人機SeaGuardianの飛行実証を9月中旬から青森県八戸市にて実施することを発表した。

今回の飛行実証は「海上保安体制強化に関する方針」に基づき、 広域の海洋監視が伴う海上保安庁の業務(捜索救助や災害対応、 海上法執行活動等)におけるRPAシステムの有効性を検証する。

本飛行実証は、 海上自衛隊八戸航空基地による支援の下、 約2ヶ月間行われる予定だ。

 

GA-ASI最高経営責任者のリンデン・ブルー氏は次のように述べている。

「今回、 シーガーディアンの海洋監視能力の実証を通して、 海上保安庁の取り組みを支援できることを心より嬉しく思います。 上空からの海洋監視が長時間可能でかつ費用対効果のある当社の技術が、 日本のみならず世界中の海洋分野でお役に立てることと信じています。 」

シーガーディアンのシステムは主に、 逆合成開口レーダー(ISAR)イメージングモードを備えたマルチモード海洋表面探査レーダー、 AIS(自動船舶識別装置)情報の受信機、 光学カメラと赤外線カメラを搭載した高精細のフルモーションビデオセンサーなどで構成されている。

シーガーディアンは、 これらのセンサー技術を活用することによって、 数千平方海里上の船舶の情報をリアルタイムで検出し、 識別することが可能。

また、 搭載するレイセオン製のSeaVue海洋表面探査レーダーは、 船舶ターゲットの連続追跡に加えて、 AISトランスミッターのレーダー追跡と連動する。

シーガーディアンは、 どのような天候においてもその能力を発揮するだけではなく、 NATOの耐空性要件(STANAG)を満たした型式認証を取得することで、 遠隔操縦無人機市場の活性化に貢献している。

GA-ASIでは、 これらの特長や運用実績のある衝突回避レーダーを活用することで、 民間空域における遠隔操縦無人機の柔軟な運用を可能にしている。

 

 

GA-ASIについて 

ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(GA-ASI)は、 ジェネラル・アトミクスの関連会社であり、 Predator(R)遠隔操縦無人機(RPA)シリーズやLynx(R)マルチモード・レーダーなど、 定評ある信頼性の高いRPAシステム、 レーダー、 電気光学および関連するミッションシステムの大手設計・製造メーカー。

Predatorシリーズ全体で600万時間の飛行実績を誇るGA-ASIは、 状況把握や迅速な対応を可能とする持続飛行に必要な内蔵型センサーやデータリンクシステムを搭載した、 耐久性が高く任務遂行が可能な航空機を提供している。

また、 GA-ASIはさまざまな地上制御ステーションやセンサー制御/画像解析ソフトウェアも製造しており、 パイロット研修や支援サービスの提供、 メタマテリアル・アンテナの開発も行っている。

 

公式HP

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

オールジャパンで、ゼロカーボン社会を目指す!明日10月25日に「日本みどりのプ…

日本の自然(みどり)を核に都市と地方が連携し、生物多様性を維持・保全を目指して!2025大阪関西万博では「日本の自然の…

人命救助及び領海監視の新たな一手となるか?遠隔操縦無人機シーガーディアンの飛行…

 青森県八戸市においてGA-ASI製の遠隔操縦無人機(以下:シーガーディアン)を用いた海上保安庁向けの飛行実証を開始し…

新型コロナの利権を抑止できるか?インドと南ア政府が新薬における知的財産権の差し…

インドと南アフリカ共和国(以下、 南アフリカ)は10月2日、 世界貿易機関(WTO)に画期的な要請をした。これは、 新…

鳥の声を聴け!北海道の勇払原野(ゆうふつげんや)での風力発電計画。希少鳥類への…

日本野鳥の会、日本自然保護協会、世界自然保護基金ジャパンと連名で、大阪ガス株式会社に中止の要望書を提出した。 希少鳥類…

新型コロナの感染拡大で明らかになった、南アジアにおける衛生作業員の劣悪な労働実態

ウォーターエイドの新しい報告書によると、 南アジアの衛生作業員は、 新型コロナウイルス感染症が広がる中、 防護具が不足…

新型コロナ患者の避難場所はどこに?難民キャンプでの強制隔離による健康悪化を懸念

ギリシャ・レスボス島のモリア難民キャンプで、 初の新型コロナウイルス感染者が1人報告された。 ギリシャ政府はこれまで、…