人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

日本の防衛費は、他国と比較して高いですか? 田村重信氏に聞く日本の防衛政策

 

 

日本の防衛政策について、安全保障と外交、インテリジェンスの専門として長らくその任にあたっている、自由民主党所属の田村重信氏をお招きして、その本質を伺いました。

第二回目となる今回のテーマは、北朝鮮、ロシアそして中国など日本を取り巻く周辺諸国の国防費について。

日本は50年以上にわたりGDP1%の枠内で防衛費を維持してきたが、周辺諸国の防衛費は日本を大きく上回っている。

周辺諸国の現実を踏まえ、新たに出された防衛大綱について、田村重信氏が解説します。

是非ご覧ください。

 

 

 

 

【動画はyoutubeからご覧いただけます】

 

 

 

 

自衛隊は軍隊ですか? 田村重信氏に聞く日本の防衛政策

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

田村 重信

田村 重信(たむら しげのぶ)
1953 年、新潟県栃尾市(現長岡市)生まれ。拓殖大学
政経学部卒業後、宏池会(大平正芳事務所)勤務を経て、
自由民主党本部勤務。政調会長室長、総裁担当(橋本龍
太郎)などを歴任。政務調査会の調査役・審議役などと
して外交・国防・憲法・インテリジェンス等を担当。
元慶應義塾大学大学院法学研究科非常勤講師。
現在、自由民主党政務調査会嘱託、日本国際問題研究所
客員研究員、拓殖大学桂太郎塾名誉フェロー、国家基本
問題研究所客員研究員、防衛知識普及会理事長、防衛法
学会理事など。
著書に『知らなきゃヤバい!防衛政策の真実』(育鵬社)
『改正・日本国憲法』(講談社α新書)他多数。

新型コロナの感染拡大で明らかになった、南アジアにおける衛生作業員の劣悪な労働実態

ウォーターエイドの新しい報告書によると、 南アジアの衛生作業員は、 新型コロナウイルス感染症が広がる中、 防護具が不足…

新型コロナ患者の避難場所はどこに?難民キャンプでの強制隔離による健康悪化を懸念

ギリシャ・レスボス島のモリア難民キャンプで、 初の新型コロナウイルス感染者が1人報告された。 ギリシャ政府はこれまで、…

コロナウイルス×水害 復興に向け人手不足が続く、熊本県人吉・球磨。現在、支援活…

令和2年7月豪雨の被害を受けた熊本県人吉市。その復旧支援を行う一般社団法人 熊本支援チームは、 コロナによる深刻な人手…

アフガニスタン豪雨被災。コロナウイルス 感染拡大防止と緊急支援の実施準備を開始

アフガニスタン北東部で8月下旬、 局地的な豪雨による洪水や鉄砲水が発生し、 少なくとも死者160人以上の惨事となってい…

世界に広がる日系人。現在、アイデンティティーは如何に継承されているか?日系人の…

日本財団は、全米日系人博物館(米国・ロサンゼルス)と協力して、世界各地に住む若い世代の「日系人」を対象とした世界規模の…

神社は誰のものか? 創建1300年の大御和神社で起こった土地売却問題について、…

徳島県徳島市国府町で起こった、「大御和神社」の土地売却問題。前編では「大御和神社を守る会」メンバーそれぞれの想いを中心…