人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

未成年の難民4人に1人が自殺や自傷行為に及ぶ。ギリシャ・レスボス島からのレポート

 

 

エーゲ海北東部のギリシャ領レスボス島。 欧州における難民問題の最前線であるこの島では、 ギリシャ政府が管理するモリア難民キャンプに勾留されている人びとの間で健康被害が深刻化している。 特に若年層の自殺未遂や自傷行為、 暴力による致命的被害が増えている。 キャンプ内で医療援助活動を行う国境なき医師団(MSF)は、 容態の悪い人、 特に子どもをギリシャ本土やEU領内の安全な場所に緊急退避させる必要があると訴えている。

 

 

シリアから逃れてきた家族。 住んでいた家とイスラム国に支配されていた町は政府軍の爆撃で破壊された(2018年5月撮影)

 

 

ギリシャでは政策によって庇護希望者は領内の島々に留め置かれる。 今や勾留者の数は9000人以上に上り、 そのうち3分の1を占める未成年は定員3100人のモリア・キャンプに無期限で勾留されている。 MSFは毎週のように自殺未遂や自傷行為に及んだ子どもを診察しており、 キャンプ内での暴力行為や、 応急処置を受ける場所が無いことで致命的となった被害症例にも対応している。

 

 

紛争地を逃れ、 欧州でも傷つく子どもたち

MSFが2018年2月から6月にかけて、 6歳から18歳の未成年向けに行ったグループ心理ケアでは、 4人に1人(74人のうち18人)に自殺未遂や自傷行為の経験、 または自殺願望があったことが明らかになった。 その他、 選択かん黙症、 パニック障害、 不安神経症、 突発的な攻撃行動、 繰り返し悪夢を見るなど、 心身に不調をきたしている子どもの患者も確認された。

MSFのドクラン・バリー医師は「彼らは紛争地から逃れてきた難民の子どもで、 すでにひどい暴力を経験し、 心身に傷を負っています。 しかし欧州では治療や庇護を受けるどころか、 ストレスや恐怖、 性暴力を含む深刻な暴力にさらされています。 加えて住環境は危険かつ不衛生で、 下痢症や皮膚感染症を患う子どもも多くいます。 人口の過密と不衛生により、 感染症の集団発生リスクも高まっています」と話す。

9月最初の2週だけでも、 1500人以上の難民が新たにレスボス島に到着した。 だが風雨を避ける住まいも、 充分な食べ物も無く、 医療を受けるすべも非常に限られている。 MSFが治療した子どもの中には、 首都アテネに移送が必要と判断された子どもも多い。 だが、 アテネでは宿泊先の不足を理由に、 子どもたちの治療を受けいれるところは無い。

 

 

EU・トルコ合意を終わらせるとき

ギリシャにおけるMSFの活動責任者ルイーズ・ロラン=ガスリンは、 「MSFがギリシャ政府とEUに対し、 この問題の責任を認識し、 持続可能な解決策を講じるよう呼びかけてから、 もう3年目になります。 最も弱い人びとをEU領内の安全な場所にすぐに移し、 モリアで繰り返される過密問題と非人道的な状況をくい止めるべきです。 今こそEU・トルコ間の移民・難民送還合意を終らせるときです」と訴える。

MSFはモリア・キャンプで未成年を中心に小児医療と心理ケアを行っているほか、 リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)も2017年末から行っている。 またレスボス島の中心地ミティリーニでも心理ケア診療所を2016年10月から運営している。

 

本件に関するお問い合わせ先:特定非営利活動法人 国境なき医師団日本

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

孤独死した後の部屋をミニチュアで再現した、書籍『時が止まった部屋』。発売前から…

「遺品整理クリーンサービス」の女性スタッフが、故人の“最後の部屋”について著した書籍を発売。故人の息づかいをミニチュア…

時代はここまでは来た!自衛官のリアルがカミングアウトされる、自衛官募集WEB動…

防衛省 陸上幕僚監部 人事教育部 募集・援護課は、自衛官採用広報活動の一環として、WEB動画「自衛隊のソレ、誤解ですか…

社会的課題の解決 をテーマに公開講座。映画『女を修理する男』から考える コンゴ…

大阪女学院大学・大阪女学院短期大学は、隣接するOCCホールにて、6月29日(土)に「社会的課題の解決」について公開講座…

終活のキーワードは「墓じまい」! アラフィフなら知っておきたい、お墓のこと。

人生の締めくくりに向けて準備をする「終活」。最近は「墓じまい」の相談が増加中。少子高齢化が進む昨今、そのニーズは高まる…

終活に関するアンケート調査を発表!「物の整理、片付け」を行う人が増加!

SBIいきいき少額短期保険株式会社は、 2017年に引き続き、 当社の保険加入者を対象に第2回目となる“終活”に関する…

脱・論理化社会でストレスを軽くしよう。ゆるやかな感情コントロールが、人生100…

会社でのストレスに悩んだとき、相談できる相手や解消方法を持っていますか? 一人で悩んでいる人は、夏目誠先生のアドバイス…