人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

モテるアラフィフ男性の秘訣とは? 恋愛成就に欠かせない TOP3! 麻未知花 氏 インタビュー【第2回】

 

 

アラフィフ男性の皆さん、モテるための努力をしていますか?努力をしているという人もそうでない人も、女心を勘違いしたままではモテる男への道のりは遠のくばかり。アラフィフ女性が男性を選ぶポイントを教えてくれるのは、恋愛セラピストの麻未知花さん。なんでもモテるアラフィフになるためにはLINEやメールのテクニックを磨くより先に、あなた自身を磨く必要があるのだそう。魅力をダウンさせるNGポイントも伺ってきましたので、是非鏡を手にしながらMOCインタビュー第二回をお楽しみください!

 

 

──アラフィフに入ると、恋やセックスの味わい方や価値観が変わるのかなと思いますが、取材を通して見えてきた皆さんのリアルな恋愛事情はいかがですか?

 

そうですね。若い頃や40代くらいまでなら前向きに恋ができるんですけど……。40代までの恋愛は楽しいことに重点を置き、50歳からはお金が大事。これは正直なところとっても重要です。

 

──モテる男性は、財力がポイントですか?

 

それが一番です!

 

──えっ! もうダントツで……? ほかにはどんなことに魅力を感じるんでしょう。

大人の恋愛を取材してきた麻未さんによる「アラフィフ世代が男性に求める恋愛モテ力TOP3」を教えていただきました。

 

アラフィフ世代が男性に求める恋愛モテ力

1位 財力

2位 セックス力

3位 ルックス

 

 

 

 

──よくあるランキングだと、「やさしさ」とか「性格の相性」とかが出るんですけど……やはり一味違いますね。上から順に解説していただきましょう。

 

財力からですね。50歳を超えてくると、年金や終活など人生の後半戦を見据えてしまうんです。賢い恋愛とも言えますし、打算的でもありますね。

その分といいますか、きちんとした経済力をお持ちであれば「オジサマでもいいかな」と思うアラフィフ女性は少なくありません。

 

──現実的な目線を持ちつつ、恋愛を楽しむスタンスですね。2位のセックス力というと、具体的にはどんなことが挙げられますか。

 

男性の皆さん、早漏はいけません。女性はある程度満足をさせてくれるセックス、つまり持続力を期待してしまいます。けれど40歳そこそこの男性でも、中折れや薬がないと勃起しない人は実はすごく多いんですよ。70代になっても80代になっても元気な男性もいますが、そういう方の共通点はスポーツを習慣にしていることです。

 

──スポーツをしている男性はたしかに体力も十分養っていそうですね。男目線で気になるのは「男性の大きなペニスは、女性には魅力的なの?」ということですが……。

 

関係ないで~す! ふにゃふにゃは好まれませんが、大きさはほとんど気になりません。女性からすれば、男性同士が大きさでマウントを取り合いしている姿はホント不思議!

ペニスが短い人は、たしかに女性器の奥まで届かないこともあります。けれど体位など工夫次第で気持ちよくセックスできます。むしろペニスが大きすぎる人だと、騎乗位で女性が痛みを感じてしまうことがあるのでそちらの方が心配。こういうケースも体位の工夫やお互いの気遣いで気持ちよくなれますので安心してくださいね。

 

 

 

 

──関係ないってスッパリ言われた……。むしろふにゃふにゃってそんなにダメなんですか? バイアグラに頼る人もいますよね。

 

私の意見ですが、バイアグラは体への負担がかかるのでおススメできません。私や友人同士の間で勃起力に効果アリと考えられているのが「水シャワー」。お風呂に入ったら5~10分くらい、ペニスに水シャワーを当ててください。

それから「ふぐりマッサージ」。ふぐりを5分間やさしく掌で転がすように揉むんです。セックスが終わったあとに女性がしてあげるのもいいですね。

もうひとつは「ふりふり運動」です。まず男性は四つん這いになります。次に前後に体を振ってください。その時にペニスが腹部に当たるくらいのイメージで体を振ります。この運動をすることで、ペニスの根元の筋肉が刺激されるのでは……と分析しています。元カレや男友達にも実践してもらったのですが、「持続力がアップした」という声が届いています(笑)。ふりふり運動中は間抜けな姿をしているので、ひとりきりの時間に実践するのがいいかもしれませんね。

 

──そんな姿、女性には見せたくないのが男心。でも女性を満足させるためなら……!

 

そうですね。女性だって男性の見えないところで努力していますもの。「男性も女性のために地道に頑張る」これも愛情のひとつじゃないですか?

 

──言われてみればそうですね。ただ「ED」に悩む男性からすると辛いものがあります。女性からするとセックスは挿入してほしいものですか?

 

本音としては挿入してほしい、という気持ちはあると思います。ですが心が結び合っている男女でも事情があって挿入できないということはありますよね。どうすれば挿入なしで気持ちよくなれるかを話し合ってみましょう。ラブグッズを活用するのもひとつの手ですね。

ラブグッズではバイブが一番無難です。女性が気持ちいいと思うものは、シンプルなものです。奇をてらったところのない、大きさも巨大じゃないもの。男性のペニスとよく似たサイズと質感の、本当に普通のバイブで気持ち良くなるんです。

 

──麻未さんはラブグッズを活用されていますか?

 

う~ん。基本的にはおススメしないですね。ラブグッズなしでイカせるテクニック、イク体づくりを目指してほしいなと思います。

ラブグッズって、それが趣味になっている人もいますよね。それはそれでセックスの楽しみ方のひとつだと思います。でも本当の快楽はハートがあってこそ!

 

 

 

 

──心と体の愛情の一致が、気持ちのいいセックスに導いてくれる。なんだか希望が見えてきました。続いての恋愛モテ力は第3位のルックス。いわゆるイケメンや男前という意味でしょうか。

 

ルックスで求めるのは「清潔感」です。だらしがないのはNG。自分の好みの顔立ちかどうかは、その次です。外見は好みによって幅広くなりますけど、清潔感は大体の女性が求めるものでしょう。

まずは鼻毛が出ていないかどうか! 男性の皆さん、今すぐ鏡を見てください。どうですか? 鼻毛が出ている人、今すぐ処理してくださ~い! 男性もトイレにいって鏡を見て身だしなみを整えましょう。デキる男はしていますし、そういう人はモテるんです。

次に髪型。フケや脂っぽいのは印象がよくありません。抜け毛が肩に落ちっぱなしなのも注意。

それから本人が見落としがちなのが、口角に唾がたまっている人。60歳を超えるとたまりやすいんだそうです。食べ物や飲み物を飲み込む力が弱くなる年代で、唾を飲むのも忘れてしまうのだとか。女性とのデート中は、お手拭きでこまめに口元を拭いたり、飲み物を飲んだり気を配ってください。

手フェチの女性は多いのですが、爪もチェックされています。伸びっぱなしや汚れがついている、小指の爪だけ長くて耳の穴をよくほじっている……そういう指先に心当たりがある男性もいるでしょう?

そして意外かもしれないのが「匂い」です。何もつけないのが一番好まれます。香水は時間とともに体臭と混ざって嫌な匂いに変わってしまうことがあるんです。柔軟剤も体臭との相性が悪ければ最悪な事態になることも。ポマードや香水は付けない方が自然で好感度が高いです。付け過ぎはダサく思われてしまう場合があります。

 

──セックスは肌と肌とがふれあう接近戦。ここでも清潔感は大切ですか?

 

そうですね。唾を女性器にぬるのを好む男性がいますが、あまりいい印象は持たれません。キスで自分の唾を相手に飲ませたがったりする人もいます。征服欲からそういうことをするようですが、不潔だと敬遠されてしまうことがあります。

好みが分かれてしまうのが、毛深い人。毛深い男性が好きだという女性はいますが、少数派なんです。胸毛が目立つ男性であれば、少し薄くするだけでも印象が変わります。最近は若い方から中心に脱毛する男性が増えていますね。ただしアラフィフ以上の女性はそこまで敏感に男性の毛を気にしません。これはジェネレーションギャップもあるみたいです。

絶対に気をつけなくちゃいけないのが、靴下! いよいよベッドイン……というときに靴下を脱いだら「臭い!」なんて男性はセックスもイマイチ。「靴下が臭い=セックスが雑」と言ってしまってもいいくらいです。 爪の先がおざなりな人はセックスに関しても細やかな気配りができません。足の指の間、爪のキワ。そういう場所専用のボディケアグッズは市販されています。グッズで洗っていれば夏でも悪臭を抑えられます。

 

──女性が気をつけたい身だしなみというと?

 

女の人も鼻毛、それから 口ひげや産毛の処理が甘いのはダメ。男性にしっかりと見られていますし、幻滅されちゃうかも。

 

清潔感チェックポイント

鼻 デート前、デート中には鏡で鼻毛が出ていないか確認!

髪 シャンプーなど頭皮ケアで爽やかに

口 会話に夢中になると唾がたまりがち。女性は産毛処理を忘れずに!

爪 キレイに切り揃えられた爪は好感度大

匂 特別なことはいりません。香水・柔軟剤は体臭との相性を考えて

 

 

 

 

──恋は盲目、とは言い切れないのが大人の恋愛ですね。自らをさらけ出すにもマナーは大切。女性の悩みで多いのが、アンダーヘアの処理をどの程度するといいのかということです。

 

最近はアンダーヘアの整え方もさまざまですよ。個性的なかたちも人気です。男性が好きなかたちに整えるのも楽しいですね。

ただし男性がどんなアンダーヘアを好むか、というのも人それぞれ。キレイに整えているよりもナチュラル派が好きな男性も多いです。

女性目線で考えると、ナチュラルのデメリットは生理の時にムレたり匂いが強くなったりすることにあります。別にセックスのためだけにアンダーヘアを整えるわけじゃありませんよ。

 

──外見って大事ですね。自分の体と向き合ったら、相手のことも見えてくる。

 

清潔感がなかったり身だしなみが整っていない人は、セックスも雑だし家も汚いことが本当に多いんです。持ち物のヨレ、鞄のすり減り、そういったところから内面が見えてくることも。レザー製品だと時間の経過とともに味が出てくることもあるけど……そういうのとはあきらかに違います。

外見のケアをおろそかにする人は、粗雑で不衛生なセックスをしがち。自分のことをちゃんとできていないと、相手のことも気づかえません。自分も相手も気持ちよくなるセックスがしたいなら、まずは外見のお手入れから。すると内面やセックスのアプローチにもいい変化が生まれますよ。

 

 

笑いジワにその人の朗らかな性格が滲み出ているように、磨かれた外見からは成熟した内面が伺えるよう。大人の恋愛は、今まで積み重ねた経験がなおさら外見に現れ出るのかもしれません。素敵な恋愛をしたいアラフィフの皆さん、鏡の前に立ち身だしなみを整えましょう。そこに清潔感ある自分が映っていたら、自信を持って気になる相手と向かい合ってくださいね。

次回のインタビューでは、恋愛からステップを進めてセックスを中心にご指南いただきます。

 

文:鈴木舞 イラスト:町田李句

 

 

 

 

アラフィフ女性は、セックス の黄金期。開花する魅力をモテにつなげる秘訣とは? 麻未知花 氏 インタビュー【第1回】

新たなオーガズムの発見が、あなたに喜びをもたらす。一歩踏み出した先にある、未知の刺激。麻未知花 氏 インタビュー【第3回】

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

麻未知花

作家・恋愛セラピスト・セックスカウンセラー。
FMラジオのパーソナリティ、医学会秘書などを経て、
2008年、エイズ予防啓発活動であるレッドリボンに参加。
自らの経験と恋愛セラピストとしての豊富なカウンセリング経験をベースに、作家活動を開始。
『週刊SPA!』、『週刊現代』、『週刊実話』、『週刊アサヒ芸能』、『大人の流儀』などの雑誌に出演・寄稿するかたわら、単行本、電子書籍を執筆。
著書に、『いつも我慢しています』(リーダーズノート出版)、『秘密のセックス』(リーダーズノート出版)、『女が欲しがるセックス集』(笠倉出版社)、『エッチな大人の愛し方』(CLAP)『真実の愛を引き寄せるセックスの法則』(CLAP)、『素敵な熟年期』(KKロングセラーズ)、『50代から楽しむセックス』(笠倉出版社)、『リアルLOVE・リアルSEX』(無双舎)、『LOVEセラピー』(TOMOKA名義・KKロングセラーズ)がある。

新たなオーガズムの発見が、あなたに喜びをもたらす。一歩踏み出した先にある、未知…

大切な人と肌を重ねたときの幸せは何にも代えがたいものですが、加齢はセックスにどんな影響を与えるのでしょう。そんな疑問を…

アラフィフ女性は、セックス の黄金期。開花する魅力をモテにつなげる秘訣とは? …

人生を楽しむには、何歳になっても「恋愛」や「性」が欠かせません。けれどMOC読者層のアラフィフの前に立ちはだかるのが、…

愛し愛される人生は、老いと優しさの共存から。OLIVIA(オリビア)氏インタビ…

男女を問わず、性に関するお悩みにアドバイスをしてきたOLIVIAさん。きっとたくさんの人の人生に、性を解放させてきたこ…

「膣トレ」はあなたの人生に自信と活力をもたらす。心身ともに健康管理は大人の女の…

大学生の頃から、現在に至るまで「ラブライフ」のアドバイザーとしてのキャリアを確実に積み重ねてきたOLIVIAさん。20…

ラブライフで人生をもっと豊かに。女性を解放するラブライフのススメ。OLIVIA…

ラブライフアドバイザーとして、女性やカップルの多くの性の悩みに応え続けているOLIVIAさん。「エロ」や「アダルト」と…