人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

憲法改正は世界的に見ておかしいことですか? 田村重信 氏に聞く日本の防衛政策

 

 

今後大きな焦点となる、憲法改正。

日本国憲法成立から70年以上。その間、国際情勢は大きく変化しました。

現在の国際情勢に対応すべく、憲法改正論が高まる一方、憲法改正を強硬に反対する意見もあります。

では、先進諸国を含む諸外国の憲法改正はどうか?

特に、日本と同じ敗戦国であるドイツの憲法改正については注目に値します。

自由民主党の田村重信氏に、今後の憲法改正に関する審議と諸外国との比較による憲法改正についてお話を伺いました。

さらに、日弁連の憲法ソングと対決するようなタイミングでリリースされた、田村重信氏の憲法ソング「憲法よりも大事なもの」。

その裏話についても語っていただいています!

田村重信氏流の人生訓がたっぷり詰まった第3回、是非ご覧ください。

 

 

 

【動画はyoutubeからご覧いただけます】

 

 

 

 

自衛隊は軍隊ですか? 田村重信氏に聞く日本の防衛政策

日本の防衛費は、他国と比較して高いですか? 田村重信氏に聞く日本の防衛政策

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

田村 重信

田村 重信(たむら しげのぶ)
1953 年、新潟県栃尾市(現長岡市)生まれ。拓殖大学
政経学部卒業後、宏池会(大平正芳事務所)勤務を経て、
自由民主党本部勤務。政調会長室長、総裁担当(橋本龍
太郎)などを歴任。政務調査会の調査役・審議役などと
して外交・国防・憲法・インテリジェンス等を担当。
元慶應義塾大学大学院法学研究科非常勤講師。
現在、自由民主党政務調査会嘱託、日本国際問題研究所
客員研究員、拓殖大学桂太郎塾名誉フェロー、国家基本
問題研究所客員研究員、防衛知識普及会理事長、防衛法
学会理事など。
著書に『知らなきゃヤバい!防衛政策の真実』(育鵬社)
『改正・日本国憲法』(講談社α新書)他多数。

レバノン・ベイルートでの大規模な爆発から6日。診療チームの派遣に向け、その一歩…

レバノンの首都ベイルートの港湾倉庫で8月4日、 大規模な爆発が発生し、 多数の死傷者と甚大な被害を引き起こした。 8月…

文化財を法人がリノベーションして活用するプロジェクトが、栃木県宇都宮で始動!!

江戸時代。かつて宇都宮を治めていたのは、戸田家8万石。日本に名だたる交通の要衝であったこの地には、 中世フィンランドに…

武力弾圧から3年「ロヒンギャ難民100万人は今」オンラインシンポジウム8/22…

ミャンマー西部で暮らしていたイスラム少数民族ロヒンギャが激しい武力弾圧を逃れ、 隣国バングラデシュに大量流入して間もな…

新型コロナウイルスの脅威にさらされる弱き子供たち。イラク内避難民130万人に迫…

新型コロナウイルス感染症が流行するイラクでは、 住まいを追われた国内避難民130万人余りが、 今なお過密で不衛生な避難…

GA-ASI、海上保安庁向けに遠隔操縦無人機の飛行実証を日本にて実施。

捜索救助や災害対応活動など、 広域の海洋監視が伴う海上保安庁の業務において、無人機の実用性の検証を9月中旬に開始。20…

世界第1位となった「富岳」の恐るべき処理速度!2位の中国との差は?

スーパーコンピューター「富岳」は、ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析で最高レベルの評価!1.「富岳」測定結果共同…