人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

武力弾圧から3年「ロヒンギャ難民100万人は今」オンラインシンポジウム8/22(土)開催

 

 

ミャンマー西部で暮らしていたイスラム少数民族ロヒンギャが激しい武力弾圧を逃れ、 隣国バングラデシュに大量流入して間もなく3年。

累計100万人のロヒンギャ難民は本国帰還の見通しもないまま、 約85万人が超過密な難民キャンプでの生活を余儀なくされている

そして今、 その難民たちを襲っているのが、 新型コロナウイルス感染拡大の危機だ。

 

 

ARR Japan[難民を助ける会]は2017年末に現地で人道支援活動を開始し、 水・衛生分野、 および子どもや女性のプロテクション(保護)の分野で支援事業を実施してきた。

武力弾圧が発生してちょうど3年となる8月25日を前に、 ロヒンギャ難民キャンプの現状、 AARの支援活動、 コロナ感染拡大の影響、 国際法廷での真相究明、 日本外交の立ち位置など、 人道支援の現場から国際社会の動向まで、 「ロヒンギャ難民100万人の今」を複眼的にとらえ、 私たちに何ができるかを皆さんとともに考えるオンライン形式のシンポジウムを開催する。

シンポジウムでは、 AARバングラデシュ・コックスバザール事務所の新旧駐在員の報告に加え、 ビルマ/ミャンマー研究の第一人者である上智大学の根本敬教授(ビルマ近現代史)、 国連世界食糧計画(WFP)元アジア地域局長の忍足謙朗AAR常任理事にコメンテーターとしてご参加いただきます。

また、 AARの支援者であるデヴィ・スカルノ夫人が昨年9月、 ロヒンギャ難民キャンプの視察に訪れた時の動画メッセージを上映いたします。

 

 

【シンポジウム概要】

・AARの紹介

・基調報告「ロヒンギャ難民発生から今日まで~国際社会の動向」

・現地報告「AARの支援活動~これまでの成果と新型コロナの影響」

・デヴィ・スカルノ夫人動画メッセージ

・根本敬・上智大学教授、 忍足謙朗・国連世界食糧計画(WFP)元アジア地域局長/AAR常任理事のコメント

・質疑応答

 

【コメンテーター】

根本 敬氏(上智大学総合グローバル学部教授)

ビルマ近現代史専攻。 文部省派遣でラングーン国立外国語学院(現ヤンゴン外国語大学)に留学。 東京外国語大学教授を経て、 2007年4月より現職。

著書『抵抗と協力のはざま―近代ビルマ史のなかのイギリスと日本』『アウンサンスーチーのビルマ 民主化と国民和解への道』(岩波書店)、 『物語ビルマの歴史―王朝時代から現代まで』(中公新書)ほか。

忍足 謙朗氏(国連世界食糧計画(WFP)元アジア地域局長/AAR常任理事)

国連在籍34年のうちWFPに25年間勤務。 ボスニア、 コソボ、 カンボジア、 スーダンなど主に紛争地で緊急人道支援の現場責任者を務めた後、 2009~2014年WFPアジア地域局長として域内14カ国の支援事業を統括。

退職後AAR常任理事に就任。

TBS「情熱大陸」、 NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀」などに出演して国際協力の仕事を伝えている。

 

 

【報告者】

 

中坪 央暁(AAR東京事務局/前コックスバザール駐在)

2017年11月AAR入職、 2019年9月までバングラデシュ・コックスバザール事務所勤務。

全国紙特派員、 東京本社編集デスクを経て、 国際協力機構(JICA)の派遣で南スーダン、 ウガンダ北部、 フィリピン・ミンダナオ島など紛争・難民・平和構築の現場を継続取材。 昨年8月に著書『ロヒンギャ難民100万人の衝撃』(めこん)を上梓。

町村 美紗(現AARコックスバザール駐在)

大学で開発学を専攻し、 中東地域での文化交流活動やNGOでのインターンを経験。

製薬会社勤務を経て、 2017年9月AAR入職。

タジキスタン事務所でインクルーシブ教育の推進事業などに携わった後、 2019年9月よりバングラデシュ事務所勤務。

 

 

【開催要領】

日時:2020年8月22日(土)午後3時~午後4時半

参加費 :500円(※決済後の返金は行っておりません)

定員 :490名(先着順、 要事前申し込み)

※申し込み締め切り:8月21日(金)午後2時

主催: AAR Japan[難民を助ける会]

お申し込み: (Peatixを利用しています

参加方法: ZOOMを利用します。 お申し込みいただいた方へ、 イベント前日の8月21日に、 参加に必要なURLとパスワードをご連絡します。

料イベントのため、 申し込み者以外はご視聴いただけません。 無断転送はお控えください。
(注)ZOOMについて

・スマートホンをご利用の場合:事前にZOOMアプリのインストールが必要です。

・PCをご利用の場合:初回利用時に自動的にアプリがインストールされます。

・通信環境により、 配信時に不具合が生じることがございます。

・通信回線が安定した環境でのご参加をお勧めします

 

 

AAR Japan[難民を助ける会]とは

1979年にインドシナ難民支援を目的に日本で発足した、 政治・思想・宗教に偏らない国際NGO。

紛争や災害などの困難に直面した人々へ、 「困ったときはお互いさま」の精神で直ちに支援を届けている。

これまで65を超える国・地域で支援を展開し、 現在は16ヵ国で活動している。

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

難民の捜査・救助を行う「シーウォッチ」とイタリア政府が対立。その背景にあるもの…

地中海を渡る難民や移民の捜索・救救助船「シーウォッチ4号」がイタリア・シチリア島のパレルモで出港差し止めを命じられてか…

オールジャパンで、ゼロカーボン社会を目指す!明日10月25日に「日本みどりのプ…

日本の自然(みどり)を核に都市と地方が連携し、生物多様性を維持・保全を目指して!2025大阪関西万博では「日本の自然の…

人命救助及び領海監視の新たな一手となるか?遠隔操縦無人機シーガーディアンの飛行…

 青森県八戸市においてGA-ASI製の遠隔操縦無人機(以下:シーガーディアン)を用いた海上保安庁向けの飛行実証を開始し…

新型コロナの利権を抑止できるか?インドと南ア政府が新薬における知的財産権の差し…

インドと南アフリカ共和国(以下、 南アフリカ)は10月2日、 世界貿易機関(WTO)に画期的な要請をした。これは、 新…

鳥の声を聴け!北海道の勇払原野(ゆうふつげんや)での風力発電計画。希少鳥類への…

日本野鳥の会、日本自然保護協会、世界自然保護基金ジャパンと連名で、大阪ガス株式会社に中止の要望書を提出した。 希少鳥類…

新型コロナの感染拡大で明らかになった、南アジアにおける衛生作業員の劣悪な労働実態

ウォーターエイドの新しい報告書によると、 南アジアの衛生作業員は、 新型コロナウイルス感染症が広がる中、 防護具が不足…