人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

今も異彩を放つバブルの城「ホテル川久」に川久ミュージアムがオープン!南紀白浜で幻想的なアート体験を!

 

 

バブル絶頂期に世界中の匠の技術を融合させた、豪華絢爛な夢の城、ホテル川久。

30年のときを経た今も、南紀白浜に於いて異彩を放っている。

今回、ホテル川久が保管しているオーナーコレクションを一挙公開。

 私設美術館「川久ミュージアム」として本格始動する。

 

 

1989年、 日本がバブル絶頂期に実現した「世界の数奇屋」プロジェクト。

誰も見たことのない、 中国、 ヨーロッパ、 イスラム、 日本と、 世界中の匠の技術を融合させた唯一無二の 夢の城。

それが「ホテル川久」だ!!

イタリア人職人の手によって敷き詰められた緻密な1,500平方メートル のローマンモザイクタイルの床。

フランス人間国宝の手による壮大な22.5金の金箔ドーム天井。

ロビー壁面には、 ニューヨーク・メトロポリタン美術館の鑑定で2世紀頃にシリアのものと判明した貴重な鹿と豹のビザンチンモザイク画が埋め込まれている。

外壁には中国の紫禁城にのみ使用を許された鮮やかな「老中黄」の瑠璃瓦…。

 

 

この前代未聞のプロジェクトは、 総工費400億となり、 延床面積2万6千平方メートル 、 建設期間は2年を費やした。

1993年には、 優れた建築作品と設計者に贈られる“村野藤吾賞”を受賞。

館内外には、 オーナーが集めた通常では美術館に展示されるような世界各国の作品の数々が、 いたるところにちりばめられており、 ここでは建築と融合する形で存在している。

ホテル川久は現在、 一般のホテルとして運営されているが、 創業当時の面影は今もなお、 異彩を放ち、 ホテル川久の歴史として受け継がれ、 一歩足を踏み入れれば、 日常と時間を忘れてしまう夢の中のような世界が広がる。

30年のときを経て、 ホテル川久がオーナーコレクションを一挙公開、

私設美術館「川久ミュージアム」として本格始動する!!

 

 

1.世界中の匠の夢の結晶

川久は、 通常大規模施工はゼネコンに一任する作業を、 すべて各業界の一流の技術を持つアルチザンにオーナーが自ら依頼。

前出の建築美の他、 左官職人久住章氏が主宰する左官集団「花咲団」によるドイツのシュトックマームアという技法を用いた疑似大理石で作り上げた1本1億円の柱26本や、 土佐漆喰で仕上げたホテルエントランスの大庇。

陶芸家加藤元男氏による信長塀や陶板焼きのタイル壁など日本人の匠も多数参加し、 その技術と理想が集結した「夢の城」。

 

 

2.オーナーの美術コレクション

ホテルの貯蔵品 館内には創業当時よりインテリアから骨董、 絵画まで世界各国で買い付けをしたアートの数々が眠っていた。

数百点に及ぶ作品を今回ミュージアムのオープンに伴い一挙公開する。

 

 

▼アートが建築の一部として融合された空間 目に映るものが全て芸術と称された川久ではエントランスから数々の作品たちが皆様をお出迎えする。

箱根彫刻の森美術館や宇都宮美術館など他美術館にも展示されているイギリスの環境彫刻家として著名なバリー・フラナガン氏によるうさぎのブロンズ像は幅6m。

世界最大級のサイズの鴟尾として取り入れられ、 身を捧げて僧侶を救ったという逸話から川久のシンボルとなっている。

また煉瓦の壁面に見られる陶製の巣箱は 陶芸家、 加藤元男氏の作品。

館内では、 中国清代前期の七宝焼きや陶器、 ダリ、 シャガール、 横山大観など、 名だたる名画家の作品を一挙展示、 公開する。

 

ヘンリームーア「母と子」

大理石やブロンズを使った大きな抽象彫刻で知られる20世紀のイギリスを代表する芸術家・彫刻家ヘンリームーア(1898- 1986)。

ヘンリームーアの作品の1大テーマである「母と子」はアフリカン・アートの思いやりや慈悲と、 キリスト教のイメージとを融合させることにより、 彼独自のスタイルを形成していきた。

そんな巨大な抽象彫刻でも数多く見られる「母と子」を26点公開する。

【川久ミュージアム】

開館時間:10:30-18:00 (入場は閉館の30分前まで)

休館日:年中無休

料金:一般 1000円(税込)高校生・大学生 800円(税込)

※学生証の提示が必要です。

※中学生以下は入場無料 ※障害者手帳をご持参の方(付添の方1名を含む)は入場無料

場所:〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町3745(ホテル川久と同じ入口になります)

アクセス: 南紀白浜空港より車で10分

アドベンチャーワールドより車で10分

SNS:Museum_kawakyu (twitter/Instagram)

公式HP

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

GO TO 滋賀!冬の風物詩 氷魚(ひうお)の今年の漁獲好調! 琵琶湖固有の冬…

新春しか味わえない味覚!高級料亭で珍重される「ホンモロコ」や鮒ずしの素材となる「ニゴロブナ」も旬を迎える!琵琶湖の冬の…

GO TO 松本!年明け1月20日より、トップレベルの氷彫刻師が氷像の技術と芸…

長野県松本市では、 今年で35回目を迎える伝統ある冬の恒例イベント「国宝松本城氷彫フェスティバル2021」が2021年…

GO TO 長野!世界で唯一の天空を彩るオーロラ・イルミネーション!ゲレンデを…

広大なゲレンデで、三密を避けながら、大切な人と共に素敵な夜を過ごそう!長野県須坂市に今月オープンしたスキー場「REWI…

GO TO 冬の加賀!雪が生み出す絶景スポットとあったか温泉!

加賀の國は紅葉が終わったシーズンでも雪景色が絶景。大自然でマイナスイオンを感じ、 雪が降り積もったお寺や街並みを散策し…

GO TO黒川温泉! 幻想的な鞠灯篭のライトアップ「湯あかり」が、12月19日…

黒川温泉では、 2020年12月19日から2021年5月30日の期間、 日暮れから22時まで孟宗竹の間伐材で作成した鞠…

GO TO 長野!標高1,925mの360°パノラマビューを、全ての方へ!ユニ…

ユニバーサルツーリズムにも向き合った誰もが楽しめるスカイテラス標高1,925、 長野県車山の山頂に360°見渡せる展望…