人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

アフガニスタンにて卑劣な暴力。襲撃された産婦人科施設にて複数の死者が。繰り返される悲劇。

 

 

アフガニスタンの首都カブールで5月12日、 国境なき医師団(MSF)が支援する産科医療施設が襲撃され、 複数の患者が犠牲になった。

国境なき医師団は犠牲になったすべての人に哀悼の意を表明するとともに、 この卑劣な暴力を強く非難する。

 

 

妊婦や新生児に向けられた卑劣な暴力

襲撃を受けたのは、 カブール市西部のダシュ・バルチ病院内にMSFが2014年に開設した産科病棟。

5月12日、 脆弱な健康状態にある妊婦や産後の母親、 新生児が入院している病棟に、 人数不明の襲撃者がなだれ込み、 その後数時間にわたり爆発と銃撃が続いた。

今回の襲撃で、 複数の患者が命を奪われ、 少なくとも1人のMSF現地スタッフが死亡したとの情報がある。

同病棟は、 55床を備え、 人口約150万人を擁するカブール市の西部で、 これまでにハイリスク分娩を含む5000件以上の出産を介助してきた。

MSFは、 この病棟が襲撃されたことにより、 以前から医療が行き届いていなかったカブール地域の多くの女性と子どもたちが、 医療を受けることがさらに難しくなると懸念している。

 

 

 

今後も医療活動を継続

現在、 患者は近隣の病院へ退避し、 スタッフも安全地帯に誘導された。

今回、 襲撃が続く間にも、 1人の女性が無事に出産し、 現在母子ともに健康が確認されている。

先の読めない状況は続くが、 MSFは新生児のケア、 患者と負傷者への医療提供を継続し、 現場のスタッフへの心のケアや遺族へのサポートも行っていく。

MSFは当面、 この産科病棟の医療活動は中断するが、 閉鎖はしない。

MSFはこれまで以上にアフガニスタンの人びとと連帯し、 医療援助活動を行っていく。

MSFは1980年からアフガニスタンで活動。 2019年には10万件余りの外来診療を行うとともに、 6万件余りの分娩を介助した。

アフガニスタンにおけるMSFのプロジェクトは、 いかなる政府からの資金拠出も受けず、 すべて民間からの寄付で行っている。

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

文化財を法人がリノベーションして活用するプロジェクトが、栃木県宇都宮で始動!!

江戸時代。かつて宇都宮を治めていたのは、戸田家8万石。日本に名だたる交通の要衝であったこの地には、 中世フィンランドに…

武力弾圧から3年「ロヒンギャ難民100万人は今」オンラインシンポジウム8/22…

ミャンマー西部で暮らしていたイスラム少数民族ロヒンギャが激しい武力弾圧を逃れ、 隣国バングラデシュに大量流入して間もな…

新型コロナウイルスの脅威にさらされる弱き子供たち。イラク内避難民130万人に迫…

新型コロナウイルス感染症が流行するイラクでは、 住まいを追われた国内避難民130万人余りが、 今なお過密で不衛生な避難…

GA-ASI、海上保安庁向けに遠隔操縦無人機の飛行実証を日本にて実施。

捜索救助や災害対応活動など、 広域の海洋監視が伴う海上保安庁の業務において、無人機の実用性の検証を9月中旬に開始。20…

世界第1位となった「富岳」の恐るべき処理速度!2位の中国との差は?

スーパーコンピューター「富岳」は、ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析で最高レベルの評価!1.「富岳」測定結果共同…

作家 小野正嗣 x 国境なき医師団 コロナ禍における人道危機今問われる医療と…

国境なき医師団(MSF)日本は、 芥川賞作家で早稲田大学教授の小野正嗣氏を迎え、 MSF日本会長で外科医の久留宮隆とと…