人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

時代は変わる。「与えられる」から「見つける」へ。「守る」から「面白がる」へ。田原総一朗氏生き方を語る【第3回】

 

 

衰退が叫ばれる現代のテレビ業界。国民からの期待と信頼が揺らいでいますが、その原因はインターネットの台頭か、テレビ業界そのものの地盤沈下か。テレビジャーナリズムの世界を押し広げた田原総一郎氏が思う、これからのメディア、これからの時代とは――

 

 

――センセーショナルなテレビ番組を生み出してきた田原さんですが、「テレビが面白くなくなってきた」と発言しています。どういったところにテレビの変化を感じますか?

 

昔はテレビ番組へのクレームといえば、電話でした。プロデューサーが「スミマセン、二度とこんなことしません」と電話口で謝って終わり。

ところが今はネットでクレームがくるでしょう。するとテレビ局の管理部門やスポンサーにまでクレームが届く。下手すると番組が潰れてしまう。それが怖いから、製作側はクレームが来ない番組を作ろうとしている。でもクレームが来ない番組なんて面白くない。自分の立場を守りたいんだろうね。

僕なんか守るものが何もないけど、おかげさまでキャリアがあるから好きなようにやれるの。テレビ局の上の人間が「田原なら、まぁいいや」と投げてくれるからね。

 

 

 

 

――空気を破ったり、タブーを語ったりするなら、今やテレビよりネットの方がリアリティがあるように思います。

 

そんなことない。十分、テレビでタブーを語れます。僕はテレビでもネットでも同じ。テレビで語れないからネットで語る、なんてことは全くない。タブーを超えないと面白くないし、それはテレビでも出来るんだ。

 

――とするとテレビの衰退は、インターネットに負けたからというわけではなさそうですね。「昔は面白かった」と「今はつまらない」の境界って、どうやって引かれるんでしょう。

 

やっぱり空気だね。昔はラジカルなものがウケたけど、今はウケなくなった。というのは、みんなが安定したいと思い始めたからだろうね。

戦争に負けて日本は貧乏になり、経済が無茶苦茶になった。そういう時はみんな、経済を豊かにしてしっかりとした国にならなきゃと思っていた。

ところが2000年くらいから日本は十分に豊かな国になり、なんとなくみんなが現状を維持したいと思うようになった。現状維持したいと思うようになってから、日本の企業が全部駄目になった。

人工知能の時代が到来したよね。世界の最先端の企業、例えばGoogle、Apple、Microsoft、Amazonに、日本は完全に後れをとっている。三周遅れだよ。だって日本は挑戦しないから。

でも面白い人たちもいる。雑誌『PRESIDENT』で月に二回、ベンチャービジネスの起業家に取材をしています。六年間で100人以上に会ってきました。彼らは金を儲けようとしていない。「社会を変えたい」と思っているのが面白い!

 

 

 

 

――起業して社会問題を解決へ導くソーシャルビジネスですね。社会問題が多様であるから、その事業領域も多岐に渡る。取材のしがいがありそうです。

 

僕は好奇心が強いんだね。去年は人工知能を取り扱って、講談社から本を出す予定。2018年はバイオを取材していこうと思っていてね。昨日も慶應医学部の教授を取材した。iPS細胞とか面白いね。

遠くない将来、クローン人間を中国は作っちゃうね。今でもやっている可能性はある。

中央公論(2018年6月号)に、京都大学の山中伸弥教授にインタビューした記事が載る。iPSでいろいろな臓器が造れちゃう。iPSのおかげでがんなどの病気が治る。問題は、オリンピック選手を造りたいから、筋肉も造ろうとしてしまうこと。足が速い人間。肩が強い人間……。

臓器が造れるということは、脳も造れる、頭のいい人間が造れるということ。日本ではそういうのはやめようとしている。病気を治すためにiPSを活用しましょう、という倫理。

だけど中国やロシアはわからないね。どこで倫理の線を引くか、しかし線引きをしてもやってしまう国は出てくるでしょう。

 

――新しいタブーを生み出す予感がしますね。最先端のテクノロジーに視線が向くのは、その先にある未来への関心からでしょうか。

 

はい。人工知能でよく話題になっているのは。早ければ2045年、遅くとも2055年には「シンギュラリティ」の時代が来るだろうということです。コンピュータの性能が人間を超える時代だ。人類の仕事の90%がなくなると予測されている。そうなったらいよいよベーシックインカムが必要になるね。

 

 

 

 

――ブログで「『朝生』の放送中に死にたい、大好きな仕事をその瞬間までやり続けたい」と、生涯現役への想いを綴った田原さんからすると、仕事を奪う人工知能の脅威をどう感じますか?

 

僕は奪われないと思う。奪われるのはね、企業に入り仕事を与えられるという状況です。自分で創ればいいんだよ。仕事に限らずだけど、やりたいことをどう見つけるか。

僕が会ってきたベンチャービジネスの起業家たちは、まず大企業に入る。そうして四、五年で辞めちゃう。その間に彼らはやりたいことを見つけてる。

今までは、入社すれば企業の方から「こうしようああしよう」と仕事を与えてくれた。特に男性はそうだったけど、こういう時代はもう終わりだね。

 

――近年、兼業・副業の促進策が起こっていますし、ドラッカーが提唱したパラレルキャリアも浸透し始めていますね。

 

やりたいことを見つけるには、会社の中でも外でも関係ない。旅行するのでもいい。

20年位前にシリコンバレーでGoogleを取材したら、創業者のセルゲイ・ブリンがこう話していたんだ。「Googleの社員は、会社の仕事は80%。あとの20%は手前勝手なことをする。その20%からGoogleのいろいろなことが生まれてくるんだ」と。非常に面白い考えだ。

 

 

 

 

――Googleが設立してまだ間もない頃ですね。やはり様々な人にお会いしてきたようですが、中でも「この人は凄い!」と強く印象が残っているのは?

 

いっぱいいるよそりゃ。松下幸之助、盛田昭夫、本田宗一郎も面白かった。

 

――日本経済史に名を残す人物はやはり魅力がある、と。彼らが起こした会社も、今でいうところのベンチャービジネスですよね。

 

そうだね。盛田昭夫はとにかく「世の中にないものを創りたい」と語っていた。だから会社を興し、トランジスタラジオから始まって、世の中にないものを創ってきた。これが盛田昭夫であり、ソニーという会社。

 

――時代が変わり人も変わる。そんな中、田原さんが気になる論客は?

 

面白い人はたくさんいますよ。小林よしのり、ジャーナリストの青木理、東大の法学者・井上達夫。東京工業大学の中島岳志さんとかね。

 

――これから会ってみたい人というと?

 

会ってみたいと思ったらすぐ会うもん。インタビューするなら、退位後の天皇とトランプだね。トランプには「あなた、何をしたいんだ」と聞きたい。

僕は好奇心が強いから、次から次へとやりたいことが湧いてくる。去年は人工知能、今年はバイオ。今も十種類くらいの仕事を同時にやっているね。

 

 

 

 

――人に会うには体も使うし、頭も使う。それをこなしつつ新しい知識にもついていく。2018年4月には84歳となられましたが、体力がよく続きますね。

 

僕はね、ちゃんと寝るようにしてる。そして嫌なことを一切しない。やっている仕事の90%以上は僕が企画している。『朝生』にしても『激論』にしても、今度は何をしよう、どういう人物を出そう、出演交渉をそうやって進めよう、そういうことを僕が考えて、とても小さなことから大きなことまで自分でしてる。

 

――……疲れませんか!?

 

疲れたっていいじゃない。面白いんだから!

 

 

テレビはまだ終わっていない。しかし変遷の時代は確実に到来している。自ら行動し、面白がって生きる未来だ。やりたいことが今はまだわからない人も大丈夫。「疲れたっていい、面白いことをしようよ」田原さんのそんな声が背中を押してくれそうです。空気を破ったら、深呼吸。そしてまた一歩、進んでいこうではありませんか。

 

写真:田形千紘     文:鈴木舞

 

 

 

 

権威と正義の反対側をこの目で見る。田原総一朗 流「ドロップ・イン」の生き方【第1回】。

空気の国・日本に「討論」の力で風穴を開ける。田原総一朗氏、生き方を語る【第2回】

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

田原 総一朗

1934年、滋賀県生まれ。
60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。
64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。
77年にフリーに。
テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』で
テレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。
98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。
現在、「大隈塾」塾頭を務める。

『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数。
また、『日本の戦争』(小学館)、『塀の上を走れ 田原総一朗自伝』講談社)、『誰もが書かなかった日本の戦争』(ポプラ社)、『田原総一朗責任 編集 竹中先生、日本経済 次はどうなりますか?』(アスコム)など、多数の著書がある。

自立と孤立、依存と共存 中村うさぎ連載コラム 〜第30回〜

〜連載第30回〜自立を目指して生きてきたら、いつの間にか孤立していた。依存症に苦しんでたら、共存という新たな道が見えて…

自立と孤立、依存と共存 中村うさぎ連載コラム 〜第29回〜

〜連載第29回〜自立を目指して生きてきたら、いつの間にか孤立していた。依存症に苦しんでたら、共存という新たな道が見えて…

自立と孤立、依存と共存 中村うさぎ連載コラム 〜第28回〜

〜連載第28回〜自立を目指して生きてきたら、いつの間にか孤立していた。依存症に苦しんでたら、共存という新たな道が見えて…

自立と孤立、依存と共存 中村うさぎ連載コラム 〜第27回〜

〜連載第27回〜自立を目指して生きてきたら、いつの間にか孤立していた。依存症に苦しんでたら、共存という新たな道が見えて…

自立と孤立、依存と共存 中村うさぎ連載コラム 〜第26回〜

〜連載第26回〜自立を目指して生きてきたら、いつの間にか孤立していた。依存症に苦しんでたら、共存という新たな道が見えて…

自立と孤立、依存と共存 中村うさぎ連載コラム 〜第25回〜

〜連載第25回〜自立を目指して生きてきたら、いつの間にか孤立していた。依存症に苦しんでたら、共存という新たな道が見えて…