人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

終戦の日 特別インタビュー 小池一夫氏の戦争 〜前編〜

 

 

大人の生き方Magazine MOCでは、73回目となる終戦の日を迎える今回、作家の小池一夫氏をお迎えし、「戦争の記憶」についてお話を伺いました。

生家である秋田で過ごした10代の記憶。

戦中・戦後は少年であった小池一夫氏にどのように映っていたのか?

昭和を生きた当事者が語る、貴重な証言です。

是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

終戦の日 特別インタビュー 小池一夫氏の戦争 〜後編〜

小池一夫氏 旅と人生を語る「チャイニーズマフィアから招待状」

4回の強盗に遭遇したハードボイルドな体験! 小池一夫氏「旅と人生を語る」第2弾

小池一夫氏「人生100年時代を語る」特別インタビュー第3回

小池一夫氏、映画を語る!その1。「圧倒的世界観を体験したいなら、この映画」

小池一夫氏、映画を語る 【第2回】「謎と美女と悪魔と私」

小池一夫氏、映画を語る 〜第3回〜 「息をもつかせぬ展開と壮絶なビジュアル!ラストは圧巻!」

小池一夫氏のTwitter術に迫る! 世代を超えて思いを伝える方法とは?

小池一夫氏が語る創作秘話。その仕事術に迫る!

小池一夫氏が注目する、今最も面白い時代小説とは?

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

小池 一夫

作家・漫画原作者。1936年秋田県生まれ。
70年「子連れ狼」(画/小島剛夕)の執筆以来、小説、漫画原作、映画・テレビ・舞台等の脚本など幅広い創作活動を行う。
代表作に「首斬り朝」、「修羅雪姫」、「御用牙」、「クライング・フリーマン」など多数。77年より漫画作家育成のため『小池一夫劇画村塾』を開塾。独自の創作理論「キャラクター原論」を教え、高橋留美子、原哲夫、板垣恵介、堀井雄二、椎橋寛ら、多くのクリエイターをデビューさせ、現在も後進の指導にあたっている。
2004年には米国漫画界のアカデミー賞と呼ばれる「ウィル・アイズナー賞」殿堂入り。

激動の時代を気高く生きた、皇女和宮。調度品から、その生涯に触れる企画展が開催。

本展覧会では、 徳川宗家に伝来する和宮が使用した調度品を展示。孝明天皇から和宮が拝領した銀製品、 和宮直筆の和歌や消息…

日本人はどこから来たか? 3万年前の琉球列島への移住は偶然ではなかった -意思…

2019年に実験航海に成功した「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」に関連した研究成果について、発表があった。 東…

「日本遺産」を舞台にした、歴史を巡るツアーと新たな形の伝統芸能ライブ。11月1…

「NOBODY KNOWS」は、 全国各地の日本遺産を舞台に地域に伝承される芸能とプロの伝統芸能パフォーマンスを組み合…

美作の国史跡、津山城跡。数十年に一度という、その貴重な石垣修理工事見学会をレポ…

令和2年8月1日(土)に史跡津山城跡で現在行っている二の丸東側石垣修理工事の現地見学会を開催した。石垣の解体修理の様子…

阿波忌部の精神に、日本復活の鍵あり! 令和2年2月24日(祝日)、日本創生セミ…

令和二年二月二十四日(祝日)、日本創生セミナーを開催!!日本創生セミナーは、日本の原点を知ることで、未来の社会をどう形…

大嘗祭で日本の原点を発見。グローバルに発展してきた古代日本のミステリー

2019年に着々と準備が進められ、無事に終了した伝統儀式「大嘗祭」。前回のインタビューではこの大礼の振り返りや舞台とな…