人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため閉館中の国立科学博物館では、現在VR博物館として公開中!貴重な剥製コレクションをその目で!!

 

 

現在、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解等を受け、閉館中の国立科学博物館。

標本収蔵庫に収蔵されている非公開の貴重なコレクションを、 ご自宅から楽しんでいただけるよう、VR博物館として公開している。 

 

 

 

国立科学博物館 地球館3F展示室「大地を駆ける生命」は、 多くの哺乳類の剥製が立ち並ぶ人気の展示。

その剥製の大半は、 ハワイの実業家、 故ワトソンT.ヨシモト氏(1909~2004)より寄贈された約400点の「ヨシモトコレクション」の一部。

上野に展示されていない剥製は、 通常は国立科学博物館筑波地区標本収蔵庫に収蔵されていて非公開となっている。

 

 

建物内部に入ると、 広大なバーチャル空間が開けていて、 剥製がたくさん並んでいる。

広大なバーチャル空間に24体の動物剥製が展示されている。  (国立科学博物館)

 

 

VR展示だから、 実際の博物館の展示室では不可能なほど、 目前まで近寄って、 好きな角度から動物たちの体をじっくり観察出来ます。 3Dビュー+VR映像で、 好きなだけ自由に楽しむことができる。

VRゴーグルで見たアルガリの剥製のイメージ。 近づいてみると標本ラベルが表示される。  (国立科学博物館)

ナイトモードではライトで照らしながら観察。

迫力満点のナイトミュージアム。(国立科学博物館)

ヨシモト氏が博物館を作るまでの自伝的な物語など、 剥製の世界を理解して楽しむための解説も充実している。

今回、 公開する剥製は24体です。 これまで上野本館の常設展には展示されていない剥製がほとんど。

今後、 順次、 新しい剥製を追加していく予定だ。

 

 

THE WILDLIFE MUSEUMに展示する剥製

アイベックス

アフリカスイギュウ

アルガリ

イボイノシシ

オリビカラカル

カンジキウサギ

キルクディクディク

サーバル

サバンナダイカー

ジェレヌク、 シタツンガ

スナイロワラビー

セグロジャッカル

セスジダイカー

ダマジカ

ニルガイ

ハーテビースト(全身、 頭部)

ピューマ

ブレスボック

ヘラジカ

モウコガゼル

ヤギ

(和名 50音順)

 

 

 

国立科学博物館 地球館3階展示室「大地を駆ける生命」

幻の「WILDLIFE MUSEUM」をVR空間に再現。

このたび、 これらの非公開の剥製を自由に見学していただけるVR博物館が完成。

このVR博物館は、 ヨシモト氏が1992年に開館した幻の私設博物館「WILDLIFE MUSEUM」をイメージしてVR空間に再現した。

VR博物館の外観は、 1992年にヨシモト氏が私費を投じて開館した博物館「WILDLIFE MUSEUM」そのもののイメージを完全に再現。

1992年にハワイにあった実際の「WILDLIFE MUSEUM」の外観  (国立科学博物館)

 

 

【THE WILDLIFE MUSEUMウェブサイト】 

 

 

国立科学博物館

ホームページ

YouTube

Facebook

Twitter

Instagram

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

大和力を世界へ! 現代アーティストの小松美羽が、 “神道と現代アートの融合”を…

アメリカ合衆国オハイオ州にある全米有数規模のクリーブランド美術館において、“現代アーティスト小松美羽"は、「神道展=D…

「好奇心が背中を押して、人類は宇宙へ飛び出していく」井田茂 氏が語る地球外生物…

惑星物理学者の井田茂教授にお話しを伺いながら、宇宙研究の最前線につ迫るインタビューも第3回目を迎えました。宇宙というと…

「地球中心主義を打破して、予測の向こうへトビラを開く」井田茂 氏が語る地球外生…

惑星物理学者の井田茂教授に、宇宙の不思議についてお話を伺うインタビュー第2回。今回は生命の定義とは何なのか、進化はどん…

「固定概念を崩して宇宙と向き合おう」井田茂 氏が語る、地球外生物最前線!人生1…

2017年、NASAによる2つの「重大発表」があったのをご存知でしょうか。一つは、地球のように海があってもおかしくない…