人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

アフリカ・南スーダンにて、新型コロナウイルス感染予防を!衛生事業を中心とした緊急支援を開始!

 

 

特定非営利活動法人REALs (Reach Alternatives) は、 ジャパン・プラットフォーム(JPF) の助成を受け、 5月1日より南スーダンの首都ジュバ市のマンガテン国内避難民サイトで、 新型コロナウイルス感染予防のための緊急支援事業を開始した。

石けんや消毒薬など衛生用品の配布や手洗い用の水の給水を行うとともに、 予防啓発活動を実施する。

 

 

マンガテン国内避難民サイトでは約11,000人(約2,200世帯)が暮らしている。

もともと井戸、 トイレなどがほとんどなく衛生環境は非常に劣悪だ。

現時点ではサイト内での感染者は報告されていませんが、 国内での感染者数が増え続ける中、 ひとたび感染が起これば爆発的に拡大する恐れがある。

さらに医療体制も十分に整っておらず人々は不安を募らせています。

シェルターがなく、 屋外で食事をとるマンガテンの国内避難民の人々

そこでREALsはサイトに住む全世帯に対し、

1)石けんや消毒液など衛生用品の配布、

2)給水車による水の提供、

3)感染予防の知識や相談できる医療機関の連絡先などを掲載したリーフレットの配布を行います。 さらに、 ジャパン・プラットフォームの助成による本事業と並行して別途、

4)井戸およびトイレの修復、

5)紛争予防研修、

6)井戸・トイレのメンテナンス研修、

7)衛生研修から成る事業も行います。 両事業の実施により包括的にマンガテン国内避難民サイトの衛生環境を改善し、 新型コロナウイルスの感染予防・拡大防止に取り組んでいく。

 

◆REALsのこれまでの南スーダンでの活動:

REALsは、 2011年より若者や国内避難民への支援を継続しています。

【代表的な事業】

ジュバ市内における若年層への啓発教育・職業訓練事業(2011年~2013年)

ジュバ市周辺の国内避難民キャンプへの緊急支援事業(2013年~2016年)

多民族が平和に共存するためのコミュニティ形成事業(2016年~2019年)

サバクトビバッタによる農業被害防止・農業支援事業(2020 年~)など。

 

 

◆REALs (Reach Alternatives)とは:

旧名称日本紛争予防センター(JCCP)。 活動内容/紛争地の人々を「被害者」ではなく「平和の担い手」にするため、 現地の人材育成に特化した支援活動

1.住民間の対立予防・治安の改善 2.自立支援(経済的自立・心の回復)  3.対立する集団間の信頼醸成を行っています。 現在、 南スーダン、 ケニア、 ソマリア、 トルコで活動している。

 

 

人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

新型コロナの感染拡大で明らかになった、南アジアにおける衛生作業員の劣悪な労働実態

ウォーターエイドの新しい報告書によると、 南アジアの衛生作業員は、 新型コロナウイルス感染症が広がる中、 防護具が不足…

新型コロナ患者の避難場所はどこに?難民キャンプでの強制隔離による健康悪化を懸念

ギリシャ・レスボス島のモリア難民キャンプで、 初の新型コロナウイルス感染者が1人報告された。 ギリシャ政府はこれまで、…

コロナウイルス×水害 復興に向け人手不足が続く、熊本県人吉・球磨。現在、支援活…

令和2年7月豪雨の被害を受けた熊本県人吉市。その復旧支援を行う一般社団法人 熊本支援チームは、 コロナによる深刻な人手…

アフガニスタン豪雨被災。コロナウイルス 感染拡大防止と緊急支援の実施準備を開始

アフガニスタン北東部で8月下旬、 局地的な豪雨による洪水や鉄砲水が発生し、 少なくとも死者160人以上の惨事となってい…

世界に広がる日系人。現在、アイデンティティーは如何に継承されているか?日系人の…

日本財団は、全米日系人博物館(米国・ロサンゼルス)と協力して、世界各地に住む若い世代の「日系人」を対象とした世界規模の…

神社は誰のものか? 創建1300年の大御和神社で起こった土地売却問題について、…

徳島県徳島市国府町で起こった、「大御和神社」の土地売却問題。前編では「大御和神社を守る会」メンバーそれぞれの想いを中心…