人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

コロナウイルス対策に関する意識調査!外出自粛や通勤ストレス、感染リスクについてなど、在宅勤務に関する意識について第1弾が発表された。

 

会社から在宅勤務が認められ、直近3週間で週に1日以上在宅勤務をしている方を対象にアンケートを実施。

2020年3月13日~3月15日、全国の20代~60代の男女1,000人にインターネットによる調査。

BIGLOBEは調査結果を、「在宅勤務に関する意識調査」を本日発表した。

 

 

【調査結果のトピックス】

 

 

1.在宅勤務でよかったこと「ウイルス感染リスク防止」「通勤ストレスなし」6割強

在宅勤務をしている20代から60代の男女1,000人に「在宅勤務をしてよかったと思うこと」を質問したところ、「ウイルス感染リスクを防げる」が63.8%で最多。

僅差で「通勤ストレスがなく時間を活用できる」(63.7%)と続いた。

また、「在宅勤務で難しいと思ったこと」も質問すると「事務仕事をするための部屋や机、椅子がない」が29.3%で最多。

続いて「個人情報を社外で扱えない」(23.8%)、「伝票や請求書などオフラインの処理が必要」(21.3%)という結果となった。

 

2.「配偶者の在宅勤務は助かる」9割弱、理由は「家事・育児の分担」5割強

在宅勤務中で、配偶者のいる男女661人に「配偶者の在宅勤務についてどのように感じるか」を質問すると、「助かると思う」(42.5%)「やや助かると思う」(43.6%)と回答。9割弱が配偶者の在宅勤務を歓迎していることがわかった。

「助かる理由」を質問すると、「家事や育児を分担できるから」が54.3%で最多となった。

 

3.新型コロナ拡大防止のための外出自粛「4月後半までが妥当」が最多

在宅勤務をしている20代から60代の男女1,000人に「あなたの気持ちとして、新型コロナ拡大防止のための外出自粛はいつまでが妥当か」を質問したところ、「4月後半まで」が22.5%で最多。

3位の「4月前半まで」(20.8%)とあわせて全体の4割強が、4月が妥当と回答した。

 

 

【調査結果詳細】

 

1.在宅勤務でよかったこと「ウイルス感染リスク防止」「通勤ストレスなし」6割強

直近3週間で週に1日以上在宅勤務をしている20代から60代の男女1,000人に「あなたが在宅勤務をしてよかったと思うことを教えてください」と質問したところ、「ウイルス感染リスクを防げる」が63.8%で最多に。

2位は僅差で「通勤ストレスがなく時間を活用できる」(63.7%)に。続いて「オフィスより家のほうが仕事に集中できる」(29.4%)、「無駄話や不要の打ち合わせがなくなった」(28.1%)、「気力や体力的な余裕ができた」(22.8%)となった。

また「職場での人間関係が楽になった」が17%と、比較的高い結果となった。

 

在宅勤務に関する調査-1

また、「あなたが在宅勤務で難しいと思ったことやストレスに感じたことをお答えください」と質問すると、「事務仕事をするための部屋や机、椅子がない」が29.3%で最多に。

続いて「個人情報を社外で扱えない」(23.8%)、「伝票や請求書などオフラインの処理が必要」(21.3%)、「集中力が続かない」(21.1%)、「家を出なくなってストレスがたまる」(18.9%)という結果となった。

 

 

在宅勤務に関する調査-2

 

2.「配偶者の在宅勤務は助かる」9割弱、理由は「家事・育児の分担」5割強

直近3週間で週に1日以上在宅勤務をしている20代から60代の男女のうち、既婚者661人に「配偶者の在宅勤務についてどのように感じますか」と質問したところ、「助かると思う」(42.5%)、「やや助かると思う」(43.6%)、「やや困ると思う」(9.5%)、「困ると思う」(4.4%)と回答。全体の86.1%が配偶者の在宅勤務を前向きにとらえていることが明らかとなった。

 

在宅勤務に関する調査-3

また、先の質問に「助かると思う」「やや助かると思う」と回答した569人に「助かる理由」を質問すると、「家事や育児を分担できるから」が54.3%で最多に。続いて「一緒にいられる時間が増えるから」(48.5%)、「無駄な出費が減るから」(33%)、「安心感があるから」(28.5%)となった。

 

在宅勤務に関する調査-4

 

3.新型コロナ拡大防止のための外出自粛「4月後半までが妥当」が最多

直近3週間で週に1日以上在宅勤務をしている20代から60代の男女1,000人に「あなたは新型コロナウイルス拡大防止のために外出を自粛すべきだと思いますか」と質問したところ、「そう思う」(34.8%)、「どちらかというとそう思う」(47.8%)、「どちらかというとそう思わない」(12.5%)、「そう思わない」(4.9%)と回答した。

 

外出自粛についてどう思う

また、「あなたのお気持ちとして、新型コロナウイルス拡大防止のための外出自粛期間はいつまでが妥当だと思いますか」と質問すると、「2020年4月後半まで」が22.5%で最多となった。

続いて「2020年3月末まで」(21.1%)、「2020年4月前半まで」(20.8%)、「2020年5月後半まで」(9.4%)に。

政治的および医学的判断とは別に、個人の心情としては、全体の2割が3月、全体の4割が4月で外出自粛を解除したいと考えていることが明らかとなった。

 

外出自粛はいつまでが妥当

※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合があります。

また複数回答可の設問があるため、合計100%を超える場合があります。

 

【調査概要】

調査名 :在宅勤務に関する意識調査

調査対象:会社で在宅勤務が認められ、直近3週間で週に1日以上

在宅勤務をしている全国の20代~60代の男女1,000人

調査方法:インターネット調査

調査期間:2020年3月13日~3月15日

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

GA-ASI、海上保安庁向けに遠隔操縦無人機の飛行実証を日本にて実施。

捜索救助や災害対応活動など、 広域の海洋監視が伴う海上保安庁の業務において、無人機の実用性の検証を9月中旬に開始。20…

世界第1位となった「富岳」の恐るべき処理速度!2位の中国との差は?

スーパーコンピューター「富岳」は、ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析で最高レベルの評価!1.「富岳」測定結果共同…

作家 小野正嗣 x 国境なき医師団 コロナ禍における人道危機今問われる医療と…

国境なき医師団(MSF)日本は、 芥川賞作家で早稲田大学教授の小野正嗣氏を迎え、 MSF日本会長で外科医の久留宮隆とと…

アフガニスタンにおける、新型コロナウイルスの被害。医療現場への攻撃が市民生活に…

カブール (ICRC)より報告。 暴力行為が後を絶たないアフガニスタンで、 医療施設も標的にされている。 かつてないほ…

今、そこにある死の危機。新型コロナウイルスは高齢者にどのような脅威を感じさせて…

株式会社GoodServiceは、 全国60歳以上の男女を対象に「新型コロナウイルスと心の変化」に関する調査を実施した…

アフリカ・南スーダンにて、新型コロナウイルス感染予防を!衛生事業を中心とした緊…

特定非営利活動法人REALs (Reach Alternatives) は、 ジャパン・プラットフォーム(JPF) の…