人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

2018年 MOC アクセスランキングを発表!

高須克弥,Yes,高須クリニック,炎上,人生100年時代,生き方,Twitter

 

 

いよいよ平成最後の年が幕開けしましたが、ここでMOCの2018年を振り返り、最もアクセス数の多かった10記事をランキングで紹介します。

注目度が高かったのは、著名人やスペシャリストが語る人生100年時代の生き方、哲学、社会問題、音楽、恋愛,etc、いずれも大人の教養にオススメのラインナップとなりました。

 

 

 

1位 高須克弥氏

YES!炎上、NO!欺瞞。言いたいことを言うのが僕だ。高須克弥氏インタビュー

 

YES!炎上、NO!欺瞞。言いたいことを言うのが僕だ。高須克弥氏インタビュー【第1回】

 

SNS炎上をものともせず、むしろ水を得た魚のようにツイッターで発言し続ける高須院長。2018年には著書『炎上上等』を発行し、ますます舌好調です。院長によるピンチの切り抜け方からチベット問題などの国際情勢、フリーメイソンの実態など「そこまで言って……ホントにいいの?!」とハラハラドキドキさせられるお話満載です。

 

 

 

2位 千葉真一氏

千葉真一氏「歩め、サムライの道。誇れ、日本文化。武士道精神とはなんぞや」インタビュー

 

 

千葉真一氏「歩め、サムライの道。誇れ、日本文化。武士道精神とはなんぞや」インタビュー第1回。

 

あなたは国歌の意味を知っていますか? 俳優・千葉真一さんが問う、日本人が忘れかけている誇りとは、受け継がれてきた武士道とは。東日本大震災で東北の方々がみせた礼や思いやりに心打たれたという千葉さん。日本の素晴らしさをもっと伝えていきたいという渾身のメッセージを、是非あなたの胸に。

 

 

 

3位 小川榮太郎氏

小川榮太郎氏 朝日新聞5000万円訴訟 初公判後インタビュー

 

 

小川榮太郎氏 朝日新聞5000万円訴訟 初公判後インタビュー

 

文芸評論家の小川氏にとって、2018年は激動の一年でした。森友事件、加計問題を分析した著作『徹底検証 森友・加計事件』を受けて、朝日新聞は訴訟に踏み切ることを決定。初公判後、小川氏出演の動画をMOCは独占公開。今回の裁判は果たして、言論の自由を脅かすスラップ訴訟なのか?! 2019年これからの裁判の行方も見逃せません。

 

 

 

4位 菊地成孔氏

「大人が出会うべき音楽。それは古典の中にある」菊地成孔氏インタビュー

 

 

「大人が出会うべき音楽。それは古典の中にある」菊地成孔氏インタビュー【第1回】

 

大人だからわかる良さ、その感覚を音楽で味わいましょう。菊地成孔氏セレクトの「大人が聴くべきアルバム」はビートルズから始まり、ジャズの巨匠マイルス・デイヴィスを経て、音楽の神様バッハまで遡ります。名曲の数々を聴いていると、心地よいノスタルジーにさらわれてしまいそうですが、人生100年時代、そういうひとときも欲しいはず。アラフィフの方もそうでない方も必聴です。

 

 

 

5位 亀山早苗氏

大人が上手に恋愛する方法 アラフィフは第二の恋の季節。亀山早苗氏インタビュー

 

 

大人が上手に恋愛する方法 アラフィフは第二の恋の季節。亀山早苗氏インタビュー【第1回】 

 

芸能人の不倫が世間を騒がせるなか、アラフィフの恋愛や性事情にもダイナミックな変化が訪れそうな予感。50代の恋愛がもたらすのは、幸せ?それとも暴走? 人生の節目は、恋の喜びや出会いの尊さにあらためて気づくターニングポイントかもしれません。記事を読み終わったら、軽やかに恋の一歩を踏み出せそうな気分になれますよ。

 

 

 

6位 OLIVIA氏

「膣トレ」はあなたの人生に自信と活力をもたらす。心身ともに健康管理は大人の女のたしなみ!OLIVIA(オリビア)氏インタビュー

 

 

「膣トレ」はあなたの人生に自信と活力をもたらす。心身ともに健康管理は大人の女のたしなみ!OLIVIA(オリビア)氏インタビュー【第2回】 

 

ランキング5位と6位はどちらも恋愛や性がキーワード。人生100年時代が到来し、恋愛寿命もぐんぐん延びているようです。OLIVIA氏による大人のセックスの心得は目から鱗の内容で、実践に役立つものばかり。アラフィフ女性がセックスを快適に楽しむためには「膣トレ」と「パートナーとのコミュニケーション」が必須。記事を読めば、心と体が満たされるラブライフの営み方がわかります。

 

 

 

7位 萩本欽一氏

萩本欽一氏に学ぶ「負け知らずの生き方」。人生の選択肢は勝つか、逃げるか。

 

 

萩本欽一氏に学ぶ「負け知らずの生き方」。人生の選択肢は勝つか、逃げるか。インタビュー【第1回】

 

「人生には“勝つ”しかないの。負け癖をつけた奴が一番始末が悪い!」と、昭和のテレビ界で『視聴率100%男』と呼ばれた萩本欽一氏が断言。77歳の現役大学生でもあり、若者と机を並べて勉学に勤しむ日々を送っています。常に向上心を持ち、スターダムを駆けのぼった同氏による成功の秘訣は、“運”の方程式。新しいことにチャレンジする人の背中を押してくれるメッセージです。

 

 

 

8位 中島義道氏

中島義道氏インタビュー 人生に“入門”がないように、哲学に入門なし。

 

 

中島義道氏インタビュー第1回 “人生に”入門”がないように、哲学に入門なし”。

 

東京大学、ウィーン大学で学んだ哲学者・中島先生が指摘するのは、人生にひそむ矛盾。幸せにならなきゃいけないと思うほどなぜかどんどん不幸になってしまう「幸せ病」は、誰でも発症する可能性があるはず。こういった悩みについて、カントを研究した同氏ならではの、生きるのがちょっと楽になるヒントをもらえます。読み終わったあとの不思議な爽快感も気持ちいい。

 

 

 

9位 横山剣氏

ミスマッチでアンバランスなものにこそ色気は宿るCKB横山剣が「興奮」する曲とは?

 

 

ミスマッチでアンバランスなものにこそ色気は宿る CKB横山剣が「興奮」する曲とは? インタビュー【第1回】

2018年にデビュー20周年を迎えたクレイジーケンバンド。フロントマンである横山剣氏に、知的好奇心を興奮させられる3曲をセレクトしてもらいました。曲との出会い、自身の曲作りへの影響を語るうち、音楽愛があふれ出しノリノリになる剣さん。「この曲いいね!」と全身で語るクール&セクシーなショットも見どころ。こんなにカッコよくてクレイジーな大人って、もう最高!

 

 

 

10位 内田樹氏

今、潰されようとしている日本のイノベーション力。人生100年時代の大学教育の在り方を問う。

 

 

内田樹氏インタビュー【第1回】 今、潰されようとしている日本のイノベーション力。人生100年時代の大学教育の在り方を問う。

 

高等教育機関の国際的指標「世界大学ランキング」はご覧になりましたか? 日本勢も健闘していますが、実は課題が山積み。神戸女学院大学名誉教授にして私塾「凱風館」の設立者である内田樹氏に、日本の高等教育がぶち当たっている障壁について伺いました。学力向上を声高に叫ぶ一方で「反知性主義」が蔓延してやまない現代日本の問題点が浮かび上がります。

 

 

MOC2018年アクセスランキングはいかがでしたか? 「人生100年時代、どんな生き方をすればいいのだろう……」と、迷っている方のヒントになる記事ばかりだったのではないでしょうか。大人世代がますます輝くために、MOCは2019年も刺激的なトピックをお届けしていきます!

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

大人のための修身入門 第二十回「公徳とは?」 講師:小名木善行氏

大人の生き方Magazine MOC(モック)では、ねずさんでお馴染み、小名木善行氏を講師に、「大人のための修身入門」…

大人のための修身入門 第十九回「身体とは?」 講師:小名木善行氏

大人の生き方Magazine MOC(モック)では、ねずさんでお馴染み、小名木善行氏を講師に、「大人のための修身入門」…

大人のための修身入門 第十八回「行儀とは?」 講師:小名木善行氏

大人の生き方Magazine MOC(モック)では、ねずさんでお馴染み、小名木善行氏を講師に、「大人のための修身入門」…

大人のための修身入門 第十六回「よい習慣とは?」 講師:小名木善行氏

大人の生き方Magazine MOC(モック)では、ねずさんでお馴染み、小名木善行氏を講師に、「大人のための修身入門」…

満州から日本へ。漫画で語り継ぐ、敗戦後引き揚げの記憶。 ちばてつや 氏 インタ…

2018年は『あしたのジョー』連載開始から五十年目の年。漫画家のちばてつや先生は現在、エッセイ漫画『ひねもすのたり日記…

大人のための修身入門 第十七回「国歌」 講師:小名木善行氏

大人の生き方Magazine MOC(モック)では、ねずさんでお馴染み、小名木善行氏を講師に、「大人のための修身入門」…