人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

上島嘉郎氏が語る、日韓問題 第2回「日韓併合」

 

 

大人のWEB Magazine MOC(モック) では、ジャーナリストの上島嘉郎氏をゲストにお迎えし、日韓問題について伺います。

米朝関係が予断を許さない中、韓国の動向が今後の東アジアにおいてどのような影響をもたらすのか?

半島情勢には、依然として目が離せない状況が続いています。

一方、同盟国である日韓の間には、日韓基本条約から50年以上経った今日も「歴史問題」とくに「従軍慰安婦問題」が大きな溝となっています。

相互理解を深め、未来志向の日韓関係を模索するためには、改めて日韓の歴史と歴史問題について検証したいと思い、この問題を取り上げました。

第2回目の今回は、日韓問題の本質に迫る「日韓併合」をテーマにお送りします。

日韓併合時の国際情勢とともに、どのようなプロセスで併合へと至ったかを解説致します。

上島嘉郎氏をゲストに迎えた当シリーズは、全4回で配信予定です。

乞うご期待!

 

 

 

 

 

 

上島嘉郎氏が語る、日韓問題 第1回「韓国とはどんな国か?」

上島嘉郎氏が語る、日韓問題 第3回「従軍慰安婦問題」

上島嘉郎氏が語る、日韓問題 第4回「日本外交の失敗」

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE
上島 嘉郎

上島 嘉郎

昭和33年(1958)、長野県上伊那郡辰野町生まれ。愛媛県立松山南高等学校卒。青春時代は愛媛県松山市で空手修行や映画鑑賞、読書などに明け暮れる。
地方紙記者、フリーランスを経て平成3年(1991)産経新聞入社。サンケイスポーツ編集局整理部に所属。
平成7 (1995)年6月退社。その後『月刊日本』創刊編集長をつとめる。
平成10(1998)年10月 産経新聞社に復帰。以後、雑誌『正論』編集部。
平成16(2004)年2月 雑誌『正論』担当編集部長。
平成17(2005)年11月 雑誌『正論』担当編集部長兼別冊編集長。
平成18(2006)年11月 雑誌『正論』編集長(兼別冊編集長)
平成22(2010)年10月 雑誌『正論』編集委員(兼別冊編集長)
平成25(2013)年12月より『日本文化チャンネル桜』キャスター。
平成26(2014)年7月に産経新聞社を退社。その後フリーランスで活動。
主な著書に『優位戦思考に学ぶ―大東亜戦争『失敗の本質』』(日下公人氏との共著、PHP研究所)、『韓国には言うべきことをキッチリ言おう!』(ワニブックスPLUS新書)など。

ニューノーマル時代の葬儀とは?喪主経験者400名からリサーチした葬儀の実態・意…

 喪主経験者400名を対象に葬儀の実態、 意識を探る調査を実施。 本調査は1977年より実施し、 「現代葬儀白書」とし…

東日本大震災から10年目の節目になる今年、『Reborn-Art ONLINE…

第3回開催予定となる今年は、 東日本大震災から10年という節目に、 これまで同様に地域の内側からの復興と新たな循環を生…

2021年に取り組む経営課題は何か? 中小業況予測調査を公開!

大阪信用金庫が、第186回中小企業景気動向調査 特別調査を公開2020年 いつまで続くコロナショック:「悪化した」84…

目覚めよ日本人!原点回帰で狂った時代に立ち向かおう!成田アキラの裸の日本人論【…

1980年台後半から連載が始まった「テレクラの秘密」により、テレクラ文化を牽引。人妻とのリアルな体験を綴った「奥の色道…

戦闘激化のイエメンにおいて民間人が多数死傷。無差別攻撃による悲劇の連鎖

イエメン西部、 紅海に面した港湾都市ホデイダの南側で再び戦闘が始まり、 国内でも最も激しい戦線となっている。MSFは紛…

建設業界では“シニア世代”を積極雇用!シニア世代に求められる能力とは?

建設会社の経営者を対象に、 シニア世代のベテラン従業員に関する調査を実施しました。建設業界に年齢は関係ないと思う理由と…